どこでもカレッジ報告

エンゼルケア・エンゼルメイク(被災地での活動も含めて)

2017年11月11日(土)  13:30〜15:30

復元納棺師である笹原留似子先生をお招きして開催し、53名の方にご参加いただきました。講義は、先生の東日本大震災でのご経験をはじめ、復元納棺師としての参加型納棺への取り組みの実際、対象者の地域や宗教の特性を踏まえた関わりのエピソードなど、家族を含めたグリーフケアの重要性も学びました。

参加者からは、「昔からの風習も大切にしながらケアすることが大事」「グリーフケアについて、命の尊さ、その人らしさを考えることを具体的にしていただけた」「改めて看取りということは、すごいことをさせてもらっている」などの感想が寄せられました。

講義の後半は、死後変化を踏まえたエンゼルメイクについて、死化粧のポイントを学びました。家族の希望やその人らしさを大切にした死化粧はその人に戻すためにあること、その具体的な方法を学び、参加者からは、「実技をふまえてとても分かりやすかった」などの感想がありました。エンゼルケアの学びだけでなく、先生の「命に礼をつくす」というお話から、看取りに対する姿勢を考える機会となりました。涙あり笑いありのパワフルな、あっという間の講義でした。参加者の皆さま、ご参加ありがとうございました。

新潟県立看護大学
看護研究交流センター
〒943-0147 新潟県上越市新南町240番地
アクセスマップ

TEL&FAX 025-526-2822
(電話受付時間 平日9:30〜16:00)

E-mail nirin@niigata-cn.ac.jp