どこでもカレッジ報告

現場で活かす看護倫理

2018年07月28日(土)  13:30〜15:00
「現場で活かす看護倫理」は、上越地域だけでなく県内各地から66名の方々に受講していただきました。

講師として、新潟県立がんセンター新潟病院のがん看護専門看護師の柏木夕香先生をお迎えしました。
普段、仕事をしている中で感じる倫理的なモヤモヤの正体は何なのか、看護者としてどのような態度で臨んだらよいか、といったことについて、多くの事例を交えながら柏木先生はお話くださり、あっという間の90分間でした。

受講生からは、「倫理は何となく難しいと思ってしまいがちですが、具体的な事例を通して話があり理解しやすかったです」「自分にも当てはまることがあり、気をつけたいと思いました。患者さんにとって何が良いことなのかを考えなければならないと反省しました。」「自分の価値観だけで判断しないこと。いかに相手の思いや意向をつかんで対応できるかが重要だと思いました」「ジレンマ解決ツールを役立てていきたいと思いました」といった感想が寄せられました。

講演の内容について9割以上の受講者が「良かった」と感じた本講座は、近日中に動画としてホームページにアップ予定です。動画はメイト会員のみなさまだけ閲覧することができます。是非この機会にメイト登録をご検討ください。
メイト会員登録については、こちら からどうぞ。
新潟県立看護大学
看護研究交流センター
〒943-0147 新潟県上越市新南町240番地
アクセスマップ

TEL&FAX 025-526-2822
(電話受付時間 平日9:30〜16:00)

E-mail nirin@niigata-cn.ac.jp