新潟県立看護大学では、大学と地域の交流の場として看護研究交流センターを併設しています。

 大学の建学の精神である「ゆうゆう・くらしづくり」に基づき、大学の教育・研究の成果を地域へ還元することを目的とし、地域と大学が共に成長していくための橋渡しを担っています。

 地域の皆さんからの要望をもとに、5つの部門の活動を柱にして、大学の教職スタッフが情報を発信していきます。

先駆的学習支援部門

医療分野の著名な知識人や、先駆的な取り組みを行っている実践者を招いた市民公開講座を開催します。また、上越教育大学との連携事業を担います。

地域社会貢献部門

地域の医療者・大学と地域住民の交流会であるいきいきサロンを開催し、地域住民への学習会を提供します。

看護職学習支援部門

どこでもカレッジプロジェクトを主体に、県内の看護職・介護職者への学び直しの機会の提供を担います。

地域課題研究開発部門

大学職員と地域の医療機関職員の共同研究である地域課題研究や、上越地域の看護研究の発表の場である上越地域看護研究発表会の開催を担います。

特別研究部門

【地域課題の解決に対応した研究への取り組み】
特別研究部門では、2019年度、本研究交流センターが行う県内看護職の生涯学習の一端を担う学習支援事業について,県内全域の看護職を対象に要望調査をし,今後の在り方を検討するための基礎資料を得たところです.今年度は、本学各看護学専門領域の教員を対象に,捉えている県内の保健医療施設・行政機関・看護学教育機関の看護職や看護実践上の課題とその取組みの現状,及び本センターの看護職学習支援事業への要望やあり方などについて調査し,昨年度の調査結果と合わせ、県立看護大学の看護研究交流センターとしてより適切な看護学習支援事業が行えるよう取り組んで参りたいと考えております。

過去の活動

平成28年度
平成27年度
平成26年度