新潟県立看護大学では、地域の教育機関、市民団体及び企業等の求めに応じて、本学教員が出向いて講義等を行う出前講座を実施します。どうぞお気軽にご活用ください。
2021出前講座パンフレット(PDF)を見る

出前講座テーマ一覧(PDF)を見る
出前講座は、本学教員の研究成果等を地域へ還元する地域貢献活動の一環として行う事業です。地域の皆様の生涯学習の機会としてお役立ていただけるよう、医療・福祉・健康等に関する様々なテーマを用意しています。
上越市、妙高市、糸魚川市在住の地域住民、団体等が主催する概ね10人以上の集会等にご利用いただけます。 ただし、営利活動、特定の政治・宗教の表現等を目的として実施する場合や、そうした催しと一緒に実施するものはお受けできません。
  • 講師料及び謝金等は不要ですが、本学規定による旅費(高速代金を含む)のご負担をお願いします。
  • 会場の手配や会場に関わる経費は、依頼者様側がご負担願います。本学を会場としてお貸しすることもできます。(※有料)。
  • 資料がある場合は依頼者様が印刷をお願いします。
  • 講師の駐車場の確保をお願いします。
  • 資料以外の原稿等のご要望には添えませんので、ご了承ください。
  • 提示したテーマを講師の了解なく変えることはお控えください。
  • 講座終了後は「出前講座実施報告書」のご提出をお願いします。
2021年度の申し込みは、2022年1月20日(木)まで受け付けます。

出前講座テーマ一覧

① がんになった親と子どものサポート~子どもに親のがんを伝えること~
がんと診断された時に子育て中の親御さんがたくさんいます。親のがんを子どもに伝えたほうがいいのか、親が子どもに伝えるときの留意点、がんの親をもつ子どものサポートについてお話しします。
対象者
 一般市民、市町村職員、学校、自治会組織・団体、看護・介護職 等
時間
 60分、60分~90分 等
教員名
 小児看護学 / 教授 / 大久保明子
② いざというときに役立つ❝子どものホームケア❞
乳幼児に起こりやすい発熱、けいれん、嘔吐、下痢などの家庭での対処方法や病院の上手なかかり方についてお話しします。
対象者
 乳幼児の保護者、保育関係者 等 
時間
 60分
教員名
 小児看護学 / 教授 / 大久保明子
③ 子どもの危険!❝事故予防と応急手当❞
乳幼児に起こりやすい事故やけがの予防対策と、すり傷、やけど、鼻血、頭を打った、誤嚥など、日常生活で起こりやすい事故やけがの応急手当についてお話しします。
対象者
 乳幼児の保護者、保育関係者 等
時間
 60分
教員名
 小児看護学 / 教授 / 大久保明子
④ 自分のからだ・健康・いのちについて考えてみよう!
聴診器を使った看護体験、乳児人形を使ったおむつ交換の体験、がんの予防、喫煙や飲酒の害、小児がんの子どもの体験などから、健康やいのちについて考える授業です。
対象者
 小学生(5・6年生) 向け、中学生向け、高校生向け
時間
 45~60分
教員名
 小児看護学 / 教授 / 大久保明子
⑤ 医療・看護英語の学び方(基礎編)
今日、グローバル化の進展に伴い、医療・看護の現場でも英語力が求められる時代になっています。医療・看護英語の学び方について様々なアイディアや最新の情報を提供いたします。
対象者
 一般市民、専門職 等
時間
 60分~90分
教員名
 情報科学 / 教授 / 中村義実
⑥ 認知症のこと知りたい(入門編)
認知症について、最近テレビや新聞でも話題だけど、認知症になったらどうなるの?地域で暮らし続けるためにはどうすればいいの?認知症を予防すること、早期診断、治療について分かりやすく解説します。
対象者
 一般市民
時間
 60~90分(応相談)
教員名
 老年看護学 / 准教授 / 原等子
⑦ 認知症への対応を知りたい(初級編)
認知症の人が周りにいるけれど、認知症の人が穏やかに、看ている私も穏やかに生活する知恵が知りたい。近隣のトラブル回避の秘訣、認知症の症状理解を深め対応するコツなどを分かりやすく解説します。
対象者
 一般市民、専門職 等
時間
 一般市民 60分~90分(応相談)
 専門職 90分~120分(応相談)
教員名
 老年看護学 / 准教授 / 原等子
⑧ 認知症という病気についてもっと知りたい(中級編)
認知症という病気はたくさんの種類があります。それぞれの特徴や対応の仕方などについて、詳しくわかりやすく解説します。入門編の内容を理解している方向けの内容です。
対象者
 一般市民、専門職 等
時間
 一般市民 60~90分(応相談)
 専門職 90~120分(応相談)
教員名
 老年看護学 / 准教授 / 原等子
⑨ 新型コロナウイルス感染症で影響を受けた❝こころ❞の語り場
新型コロナウイルス感染症の影響で、傷ついたり、失ったもの、あるいは新たに得たものについて自由に語り合い、ジャッジしたり非難したりせず、話題提供者が、あいまいな喪失のプロセスを解説し、今の自分自身の❝こころ❞の在り方に触れる。
対象者
 小学生、中学生、高校生、大学生
時間
 60~90分(応相談)
教員名
 小児看護学 / 准教授 / 山田恵子
⑩ コロナ禍における日用品を代用した応急手当
コロナ禍の中でも、怪我や出血、熱傷、けいれん発作など、様々な健康障害は時や場所を選ばずやってきます。そうした時に第一発見者(ファーストレスポンダー)の役割はとても重要です。日用品で感染予防策を講じ行う応急手当を提案します。
対象者
 一般市民、市町村職員、自治会組織・団体、学校、看護・介護職等関心のある方
時間
 60~90分(応相談)
教員名
 小児看護学 / 准教授 / 山田恵子
⑪ 障害を抱えて生活する家族との語り場ー新型コロナウイルス感染症による新しい生活様式への共存ー
今般の目に見えないウイルスとの戦いに世界中が疲弊しています。特に障害を抱えて生活する方や家族にとって感染症は重篤な危険をはらんでいます。手指消毒剤や医療物品、薬品の手配など新しい生活様式への共存を一緒に考えます。
対象者
 障害児・者と家族、看護・介護職、養護教員 等
時間
 60~90分(応相談)
教員名
 小児看護学 / 准教授 / 山田恵子
⑫ 保健所や学校などにおける体調不良の子どもへの対応ー新しい生活様式における観察や対応の仕方ー
乳幼児や学童に携わる先生方とコロナ禍における子どもの体調不良時の対応について、感染予防と観察の観点からお話ししたいと思います。できるだけ参加型で先生方と一緒によりよい工夫を考える時間にしたいと思います。
対象者
 保育士、幼稚園教諭、小学校・中学校・高校・大学の教員、養護教員
時間
 90分
教員名
 小児看護学 / 准教授 / 山田恵子
⑬ 人と人との距離を知る
知的障がいや発達障がいのある児童・生徒や小学校低学年の児童のなかには、自分と他人との距離感をつかむことが苦手な児童・生徒もおります。グループワークを通じて、人と人との距離を学ぶ講座です。
対象者
 特別支援学校、特別支援学級の児童・生徒、小学校1・2年生
時間
 90分(対面講義)
教員名
 精神看護学 / 講師 / 舩山健二
⑭ こころを病むってどういうこと?
うつ病に焦点をあててお伝えします。うつ病を持つ人にどのように接するか、気をつけるポイントや治療について看護の視点からお話しします。
対象者
 一般市民、学校
時間
 45~60分
教員名
 精神看護学 / 助教 / 安達寛人
⑮ ハマるってどういうこと?
嗜癖(しへき)についてのお話です。ギャンブルやゲームなどで日常生活に支障がでるほど「ハマる」とはどういうことなのか、対策としてどのような方法があるかなどお話しします。
対象者
 一般市民、学校
時間
 45~60分
教員名
 精神看護学 / 助教 /安達寛人
⑯ 危機の分析と看護介入~乳がん再発時の患者の心理~
乳がんを再発した患者さんの体験に基づき、危機の分析と危機看護介入について解説します。
対象者
 看護職
時間
 80分
教員名
 成人看護学 / 准教授 /樺澤三奈子
⑰ 新たながん看護介入の探索:がん患者に対する運動介入とその効果
今日、がん患者にとっての運動効果が様々に検証されています。がん患者に対する運動介入とその効果のレビュー結果を通して、新たながん看護介入の可能性を探る講義です。
対象者
 看護職
時間
 60分~90分
教員名
 成人看護学 / 准教授 / 樺澤三奈子
⑱ 薬物依存症
薬物依存症や薬物依存症者の回復支援について、考えるための講義です。
講義内容については、ご依頼者からのご要望に応じ事前相談の上、決めさせていただきます。
対象者
 看護職、福祉事業従事者、行政職員
時間
 60~90分
教員名
 精神看護学 / 講師 / 舩山健二
⑲ 高齢者と犯罪
我が国における犯罪は減少している一方で、高齢者による犯罪は増加しています。高齢者による犯罪の実態と背景、看護職、福祉事業従事者、行政職員が知っておきたいポイントについて、お伝えします。
対象者
 看護職、福祉事業従事者、行政職員
 (1回あたり20名程度)
時間
 60~90分
教員名
 精神看護学 / 講師 /舩山 健二
⑳ グリーフケアとしてのエンゼルメイク
家族と共に、その人らしい穏やかな表情を作ります。
エンゼルメイクは、家族のグリーフケアに繋がり、病院での最後の時間をとても優しい時間に変えてくれます。実践が直ぐにできるように、講義と実技を合わせて体験します。
対象者
 病院職員、介護施設職員
 (1回あたり20名程度)
時間
 60~90分
教員名
 成人看護学 / 助教 /高橋 絹代
FAX・郵便・メールでのお申し込み
出前講座申込書に必要事項をご記入の上、下記までお送りください。

出前講座申込書(PDF版)  出前講座申込書(Word版) 


新潟県立看護大学
看護研究交流センター
〒943-0147 新潟県上越市新南町240番地
アクセスマップ

TEL・FAX 025-526-2822
(電話受付時間 平日 9:30~16:00)

E-mail nirin@niigata-cn.ac.jp
出前講座終了後
講座終了後は、出前講座実施報告書をご記入の上、郵便・FAX・メールのいずれかでお送りください。

出前講座実施報告書(PDF版)  出前講座実施報告書(Word版)
新潟県立看護大学
看護研究交流センター
〒943-0147 新潟県上越市新南町240番地
アクセスマップ

TEL&FAX 025-526-2822
(電話受付時間 平日9:30?16:00)

E-mail nirin@niigata-cn.ac.jp